UA-200234635-1

FF14ベンチマーク最高評価「非常に快適」を叩き出す最安推奨ゲーミングパソコンはどれ?4社を徹底比較してみた【2022年6月決定版】

こんにちわ、ろんです。

サービスを開始後、近く10年経つゲームとは思えないほどの盛り上がりを見せるファイナルファンタジー14(以下FF14)

朝、人の少ない時間帯でも賑わう

FF14リムサロミンサ

オンラインゲームにおいて人口の多さは、そのゲームのバイタリティを示す一つのステータス。

プレイ人口が多ければ多いほど、今後のサービスも長く続いていくゲームだと言えます

FF14をプレイするならゲーミングPCがおすすめ

FF14は今後のアップデートで初心者やソロプレイヤーを優遇する施策を打ち出しているので、これからFF14を始めたい方にとっては非常に朗報です。

NEWS:「FFXIV」、ソロプレイ対応を強化。1人で快適に遊べるRPGに進化
 (GAME Watch記事より)

そしていざFF14を始めようとお考えの際には、是非パソコン(Windows版)で開始するのがオススメ。特に現行最新のグラフィックボード(以下グラボ)を積んだデスクトップゲーミングPCであれば、FF14の美麗な世界を存分に満喫することができるでしょう。

でも、ゲーミングPCって
どこで何を選べばいいのかわからないよ

そんな声にお応えすべく、FF14を快適にプレイできるスペックでお買い得なパソコンをご紹介します

FF14に必要なスペックとは?

まずは公式で発表されているFF14の推奨スペックをチェック。

ゲームプレイにおいて重要な部分(CPU、メモリ、グラボ)を抜粋した表は以下の通り

FF14推奨動作環境(PCスペック)
CPUIntel® Core™i7 3GHz 以上
メモリ8GB以上
グラフィックボードNVIDIA® Geforce® GTX970 以上

CPUがそれなりの性能ならば、ゲームプレイの快適さにおいて最も重要な指標となるのがグラフィックボード(以下グラボ)です。

スペック表にあるGTX970というグラボは2022年現在では過去のモデルとなっているので、いま新品のデスクトップゲーミングPCを購入する場合『ほとんどのPCは公式の推奨以上のグラボを搭載している』ということになります。

FF14ベンチマークスコアで『非常に快適』の目安ってどれくらい?

そしてここからが本題です

推奨をクリアしているならどのPCを買っても同じ?

と思われるかもしれないですが、あくまで公式の推奨スペックは『必要最低限の快適さ』の目安でしかないのです。

そこで最新の指標となるのが公式で配信されているFF14ベンチマーク

ベンチマーク例

FF14ベンチマークではPCの性能を数値+快適さ+一言コメントで分析。

公式HP抜粋の以下の表より、ベンチマークスコア15000以上で非常に快適の判定が出ることがわかります。

ベンチマークスコア快適さ一言コメント
15000~非常に快適非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
11000~14999とても快適とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても、とても快適に動作すると思われます。
8000

10999
快適快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
60007999やや快適標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
4000~5999普通標準的な動作が見込めます。
FF14公式ページより抜粋 スコア3999以下は割愛

繰り返しになりますが、現在売られている新品のデスクトップゲーミングPCならばどれを購入しても「快適」以上の環境でプレイすることは可能です。

しかし、今後も長くゲームを遊んでいくつもりならば「目先にある最低限の快適なスペック」よりも「数年後でも余裕のある快適なスペック」のパソコンを選んだ方が絶対に後悔しません。

そのためには、パソコンに搭載するグラフィックボード(グラボ)が重要となってくるんですね。

RTX3060なら高負荷設定でもスコア20000超え「非常に快適」

FF14ベンチマークの高負荷設定でスコア20000以上「非常に快適」の結果が出るグラボの中でも、コストパフォーマンスが良好な

GeForce RTX™ 3060

こちらに着目しました。

FF14をメインでプレイしつつ他の色々なゲームも触ってみたい方でも、RTX3060を選んでおけば絶対に間違いないと言い切れます。

そして今回は更に踏み込んで『RTX3060』+『第10世代CPU:Core™i5以上』を搭載したゲーミングPCの各社最安値価格は一体どのモデルなのか?

を徹底検証してみようと思います。

今回の趣旨を一言でまとめますと

FF14ベンチマークで最高評価を叩き出すグラボRTX3060を搭載したゲーミングパソコンメーカー4社の最安値モデルを一斉に比較!

という感じです(長い)

「とても快適」でもっと安く済ませたい!場合はコチラの記事へ


ゲーミングPCメーカー4社最安値モデル紹介

本記事で比較する大手通販ゲーミングPCメーカー

以上の4社の中から、先述の『RTX3060』+『第10世代Core™i5以上のCPU』を搭載した
最安値のモデルを抜粋してきました。

※全モデル、グラフィックボードRTX3060を搭載しています

メーカー SEVEN STORM マウスコンピュータ フロンティア
最安モデル     
ZEFT G24CZ     

PG-MH11F6
HL-B
G-Tune HL-B    

FRGAH670/WS8/NTK

CPU インテル® Core™i5-12400F インテル® Core™i5-11400F インテル® Core™i5-11400F インテル® Core™i5-12400F
メモリ 16GB 16GB 16GB 16GB
ストレージ
(SSD容量)
500GB 500GB 512GB 1TB
電源 650W 750W 700W 600W
筐体 ミドルタワー ミドルタワー ミニタワー ミドルタワー
価格(税込)

197,780
⇒183,480円

153,500
143,500円    

179,800⇒154,800円

159,800円

一言コメント 性能良し
見た目良し
電源余裕で最安値 アフターサポートが手厚い 売り切れ御免の超人気商品
(台数限定)
      右スライドで閲覧できます

RTX3060を搭載しているゲーミングPCは、通常17万円~20万円程度の価格帯となっています。

今回紹介するのは期間や数量が限定された、セール対象のモデルばかりとなっていますので非常にお買い得です。

ここから先は個別モデルの紹介

パソコンショップSEVEN ZEFT G24CZ 197,780円⇒183,480円(税込)※セール特価

パソコンショップSEVENから販売されているZEFT G24CZは、黒いシンプルな筐体ながらも、レインボーのラインと側面ガラス張りがメカ好きにはたまらないデザイン(カスタマイズでケースは変更可能)

主要スペックは以下

CPUインテル® Core™i5-12400F
グラボGeForce RTX™ 3060
メモリ16GB DDR4メモリ DDR4-3200
ストレージ500GB SSD (NVMe)
電源650W 80Plus Bronze認証
筐体ミドルタワー型
その他DVDスーパーマルチドライブ内臓

セール中、価格は183,480円(税込) 

ZEFT G24CZは最新の第12世代CPU Core™i5-12400Fを採用しており、650W電源で性能的に余裕のあるモデル。カスタマイズが一切不要で追加料金がかかりません。DVDドライブが最初から内臓されている点も地味に嬉しい。

筐体はやや大きめなミドルタワーで置き場所を選びますがカッコ良さと拡張性は◎

期間限定セール中!6/29まで

②BTOパソコン通販STORM(ストーム) PG-MH11F6 15,3500円⇒143,500円(税込)※セール特価

STORM(ストーム)から販売されているPG-MH11F6は、大容量電源かつ高コスパな1台。

主要スペックは下記

CPUインテル® Core™i5-11400F
グラボGeForce RTX™ 3060
メモリ16GB DDR4メモリ DDR4-3200
ストレージ500GB SSD (NVMe)
電源750W 80Plus Gold認証
筐体ミドルタワー型

セール中、価格は143,500円(税込)

PG-MH11F6は、第11世代のCPU Core™i5-11400Fを採用。

現行のゲームをプレイする上で必要十分なCPU、16GBメモリ、750W大容量電源と、全く隙のない構成なのに破格と言える価格設定。

追加カスタマイズが不要なため、パソコンにあまり詳しくない方でも安心して購入できる余裕のある電源を装備しつつ、今回紹介したモデルでは最安値となっています。筐体もかっこいい(カスタマイズ可)

期間限定セール中!期限未定

③マウスコンピューター G-Tune HL-B 179,800円⇒154,800円(税込)※セール特価

マウスコンピューターから販売されているG-Tune HL-Bは、大手BTOの手厚いサポートが付属した性能と価格のバランスが良好な1台。

主要スペックは下記

CPUインテル® Core™i5-11400F
グラボGeForce RTX™ 3060
メモリ16GB DDR4メモリ
ストレージ512GB SSD(NVMe)
電源700W 80Plus Bronze認証
筐体ミニタワー型

セール中、価格は154,800円(税込)

G-Tune HL-Bは、CPUが第11世代であること以外は全て高バランスでまとまっているモデルでカスタマイズが一切不要。手厚いアフターサポートとも相まって、安心して購入できます。

しいてダメ出しするなら、ゲーミングPCにしては筐体デザインがシンプルで地味なのでデザインをあまり気にしない方に向いていると言えます。

期間限定セール中!7/6まで

④フロンティア FRGAH670/WS8/NTK 159,800円(税込)※セール特価

フロンティアから販売されているFRGAH670/WS8/NTKは、まさに王道のゲーミングPCといった風貌。

主要スペックは下記

CPUインテル® Core™i5-12400F
グラボGeForce RTX™ 3060
メモリ16GB DDR4メモリ
ストレージ1TB SSD(NVMe)
電源600W 80Plus Bronze認証
筐体ミドルタワー型

セール中、価格は159,800円(税込)

FRGAH670/WS8/NTKには最新CPU Core™i5-12400Fを採用。

ストレージにも1TBのSSDを搭載してかなり余裕を持たせているので、購入前のカスタマイズが一切不要。今回紹介するモデルの中では最高スペックPCとなっています。数量限定の特別価格で164,800円。

スペック・価格・見た目全てにおいて欠点という欠点が見つらない優秀なモデルです。

どのモデルを購入していいか迷ってしまったらコレ!

台数限定セール対象品(売り切れ御免)⇒6/25販売再開されました

最安値を叩き出したメーカーのモデルは?

上記の結果から、全社総合でのRTX3060搭載の最安値ゲーミングPC

STORMから販売されているPG-MH11F6 143,500円でした!

価格がCPUは第11世代ながら、その他の構成が非常に高バランスでカスタマイズ不要。セール中での価格とは言え14万円台前半でRTX3060搭載ゲーミングPCが手に入るというのが素晴らしいです。

1番のおすすめはどのモデル?

今回はFF14ベンチマークの高負荷設定でも「非常に快適」と判定されるコスパ抜群のグラフィックボードRTX3060を主力に据えているゲーミングPCをリストアップしました。

今回紹介したモデルの中で、私のおすすめは

⑤フロンティア FRGAH670/WS8/NTK 159,800(税込)

どのモデルも甲乙つけがたく非常に迷いましたが、FRGAH670/WS8/NTKは最新CPU Core™i5-12400Fを採用していながら15万円台という価格設定が決定打となりました。
FF14をこのスペックでプレイできる人は正直羨ましいです。

繰り返しますが、台数限定価格となっているため気になっている方は早めにチェック。

FF14用ゲーミングPC 各社最安モデル まとめ

各社のモデルを比べてみますと特徴が一長一短でしたので正直どのモデルを選んだとしても正解だと言えるでしょう。

改めて今回紹介した各社ゲーミングPCの特徴を簡単にまとめてみます

①パソコンショップSEVEN ZEFT G24CZ 197,780円⇒183,480円(税込) ※セール特価

少し値段は張りますが最新の第12世代CPUを搭載していることで、今回紹介したモデルの中では高いスペックを誇っています。デフォルトでもカッコイイ筐体なので、見た目にこだわりたい方に。(筐体はカスタマイズ可能)

DVDドライブを最初から内臓している点も嬉しいですね。

期間限定セール中 14,300円OFF!

 ZEFT G24CZ 公式HP

②STORM PG-MH11F6 15,3500円⇒143,500円(税込)※セール特価

今回紹介したモデルの中では最安値にもかかわらず、電源に余裕を持たせた高コスパな1台

サイドパネルがクリアーなので筐体ルックスも良好です。

PC初心者はコレを選んでおけばオールオッケーなバランス構成となっています。

期間限定セール中 10,000円OFF!

PG-MH11F6 公式HP

③マウスコンピューター G-Tune HL-B 179,800円⇒154,800円(税込)※セール特価

大手BTOの手厚いサポートが付属し、価格と性能のバランスが高いレベルで整っている超優等生モデル

何も考えずに、カスタマイズ一切無しで購入しても絶対に失敗しない必要十分なスペックと、業界随一のサポート体制。筐体デザインがシンプルすぎるのは唯一の欠点?(※個人的な見解です)

期間限定セール中 25,000円OFF!

G-Tune HL-B 公式HP

オススメ!

④フロンティア FRGAH670/WS8/NTK 159,800円(税込)※数量限定

今回紹介したモデルの中ではぶっちぎりの最高スペックとなっている割には価格が抑えられていて、セール中につき非常にお買い得。大手メーカーの意地を感じるモデルです。筆者オススメ。

こちらも追加カスタマイズは一切不要。筐体の見た目もオーソドックスなゲーミングPCといった感じでクセが無い。

売り切れ御免の台数限定販売

FRGAH670/WS8/NTK 公式HP

今回紹介したグラボ「RTX3060」の性能を存分に生かすなら
ウルトラワイドモニターとの併用がおすすめ

FF14の世界はウルトラワイドモニターで激変する!【MMOモニターの最適解】

不要になったPCは下取りへ


ゲーミングPC選び まとめ

いかがでしたでしょうか

2022年6月末現在、乱高下の激しいグラフィックボードの価格はマイニング需要の終焉とともに下落傾向。

しかし、現在も加速し続ける円安でメモリやCPUなどの価格が緩やかに上がっており、完成品であるゲーミングPCの価格にも影響が。今後メーカーの抱える在庫が尽きた際、市場平均価格に変動が起き始めるかもしれません。

ゲーミングPC購入の際は、その点も踏まえて検討されるのが良いと思われます。

本記事が皆様のゲーミングPC選びの一助になりましたら幸いです

それでは、お会いしましょう

※セール情報は随時更新中です

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事をチェックしよう!